むし歯予防の基本は脱灰と再石灰化のバランスを保つこと

むし歯になるメカニズムをご存知ですか?脱灰と再石灰化のバランスを考えれば、誰でもむし歯は予防できます。

むし歯予防の基本

むし歯予防のためには、脱灰を抑えて再石灰化を促すことが大切です。歯は体の中で一番硬い部分ですが、酸に弱く、pH5.5以下の酸性の状態にさらされると柔らかくなってしまいます。しかし残念ながら、人が美味しいと感じる多くのものは歯が溶けるほどの酸性です。つまり、誰もが食事中から食後には脱灰(だっかい)というむし歯になりかけの状態になっているのです。

大切なのは脱灰と再石灰のバランスを保つこと
食事をして歯が酸で直接むしばまれることを、酸蝕症(さんしょくしょう)と言いますが、むし歯にはもう1つ、う蝕症(うしょくしょう)と言われるものがあります。

むし歯予防の基本う蝕症は、歯についた細菌が糖をエサにして酸を出し、その酸で歯がむしばまれるために起こります。ここで言う糖とは炭水化物のことです。つまり、食事中から食後には「酸蝕症」と「う蝕症」のダブルパンチで脱灰が起こっていると言えるのです。

その後、おもにだ液の働きによる再石灰化が起こり、1時間くらいすると口の中は元の状態に戻ります。そのため、食事をしたからといってすぐにむし歯になるわけではありません。

この脱灰と再石灰のバランスを保つことが健康な歯を守るうえで大切であり、むし歯を予防する最善の方法です。食べ過ぎやだらだら食べは、脱灰と再石灰化のバランスが崩れる原因となります。食生活習慣を整え、歯磨きを習慣化して、脱灰と再石灰化のバランスを保ちましょう。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください