むし歯は夜できる、だから『歯磨きして、歯にねっぺつけでがら寝っぺ』

むし歯は夜寝ている間に進行します。ぜひ、夜寝る前の歯磨きとキシリトールガムを習慣化しましょう。

むし歯は夜できる

「むし歯は夜できる」といっても過言ではありません。眠っているときはだ液の分泌量が減り、作用も弱まるので、再石灰化も起こりにくくなります。そのため就寝前1時間の飲食に注意し、歯磨きをしっかりして、歯の表面から細菌や食べカスをできるだけ取り除いて脱灰を抑えることが大切です。

また、リカルデントは脱灰が起こらないように開発されたガムです。リカルデントや甘味料がキシリトール100%のガムを噛むなどして、再石灰化を高めてから眠りましょう。

キシリトールガムの効果キシリトール
日本と同じようにむし歯が多かった北欧のある国では、寝る前に歯磨きをして、それからキシリトール100%のガムを噛むことを国策として推奨しました。国を挙げてむし歯予防に取り組んだ結果、むし歯の患者数が激減し、歯科医師が余ったからという理由で歯科大学を減らしたのです。

しかし、シンガポールのように、噛んだガムを吐き出して路面が汚れるからという理由で、ガムの販売が一般的に禁じられている国もあります。キシリトールガムがむし歯予防に効果があるからといって、どこの国でもすぐに取り組めるものではないのかもしれません。

日本でも日本に合った取り組み方を今後考えていくべきですが、まずは「夜寝る前に歯磨きをして、リカルデントやキシリトール100%のガムを噛んでから眠りましょう」と、もっと呼びかけるべきでしょう。石巻では『歯磨きして、歯にねっぺつけでがら寝っぺ』でしょうか(笑)。ぜひ、夜寝る前の歯磨き、キシリトールガムを習慣にしてください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください