強く噛みすぎることが歯のトラブルの原因に

むし歯でもないのに「噛むと歯が痛い」という患者さまがいらっしゃいます。このような症状は、歯に力がかかり過ぎるために起こります。これは、歯周病の原因にもなります。

歯に力がかかり過ぎ

歯周病予防のためには、歯磨きを丁寧にすることと噛む力を和らげることの2つが重要なポイントです。

歯磨きは練習すればうまくなりますが、噛む力がかかり過ぎないようにするのは簡単ではありません。「噛む力がかかり過ぎないように」と否定的に暗示するのは、かえって痛みを助長する可能性があります。

難しいのは眠っているときのケア歯に力がかかり過ぎ
パソコンの作業などに集中していると、つい上の歯と下の歯が接する時間が長くなります。日中なら「上の歯と下の歯を離す」意識をして、ある程度防ぐことができます。

しかし、夜は無意識のうちに歯ぎしり、食いしばりをしてしまいます。対策としては、型を採ってナイトガードと呼ばれるマウスピースを作りますが「夜寝る前にナイトガードを装着して眠ったはずなのに、朝起きたら枕元に転がっていた」という方も少なくありません。

ナイトガードは3~4mm程度の厚みですが、あまり厚いと嘔吐反射が生じます。また、装着していることが違和感を助長して症状を悪化させる可能性もあります。ですから、歯ぎしり・食いしばりはナイトガードを作れば必ず改善するというものでもないのです。

頑張り過ぎず、笑い飛ばしましょう

歯に力がかかり過ぎ普通に唇を閉じているときは、上の歯と下の歯の間に2mmくらいの隙間があります(安静時空隙)。24時間のうちに上の歯と下の歯が接する時間は、せいぜい10分くらいです。ですから、眠っている間中ずっと上下の歯が接しているというのはとても危険な状態です。

たとえば、鉄アレイを使った1日5~6分の筋肉トレーニングはよい運動です。1~2時間では多少筋肉痛になるかもしれませんが、できないことはないでしょう。ただ、肘を曲げて6時間も持ったままでは、もはや運動とは言えません。途中でキブアップせず最後まで頑張ったとしても、肘が曲がったまま伸びなくなるかもしれません。

眠っている間にずっと上の歯と下の歯が接していたとしたら、朝起きて口を開こうとしたときに「あれ?開かない!」ということになっても不思議ではないのです。上と下の歯が接する時間が長いと、顎関節症の原因にもなります。

噛む力を和らげることは簡単ではありませんが、健康な歯を保つためにもぜひ改善したい症状です。「復興のために、歯を食いしばって頑張ろう!」と呼びかけられていますが、それでは歯周病や顎関節症を助長します。頑張らなくていいじゃないですか。歯を見せて笑い飛ばしてください。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください