麻酔の打ち方にひと工夫、痛みの少ない治療を心がけています

当院では、歯医者が苦手な方でも通いやすいように、痛みの少ない治療をご提供しています。

痛みの少ない治療

「痛いのはイヤ」「怖いのは苦手」という方はいらっしゃいませんか?当院では、痛みや恐怖をなるべく感じさせない治療に取り組んでいます。

初期のむし歯や歯周病ではそれほど痛みを感じませんが、歯が痛くなってから来院される患者さまは、治療中まで痛い思いをしたくないはずです。むし歯や歯周病などでお困りの患者さまに少しでも痛みを感じさせない治療をご提供するのも、歯科医院の努めだと考えています。

また治療の痛みを取るために行う麻酔注射ですが、その麻酔自体が痛ければ意味がありません。当院では麻酔を打つときは表面麻酔を行い、なるべく痛みを感じさせないような打ち方を工夫しています。さらにできるだけお声がけをするなど、患者さまがリラックスして治療にのぞめるような環境づくりにも積極的に取り組んでいます。

●表面麻酔
液状・ジェル状・スプレー状などの麻酔薬を、歯ぐきに直接塗ったり吹きかけたりする麻酔法です。表面麻酔には、歯ぐき表面の知覚神経をマヒさせる効果があります。

事前説明で不安を取り除きます

痛みの少ない治療治療のときに痛みを感じるかどうかは、患者さまの精神的な問題も大きく関係しています。「何をされるのかわからない」という状態だと、どのような治療であっても不安に感じるものです。その不安を取り除くため、当院では事前の説明をしっかり行うようにしています。

また、患者さまからのご希望、疑問などもしっかりとお伺いします。診療中にコミュニケーションを図ることで、少しでも緊張を和らげて治療にのぞんでいただけたらと考えています。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください