小児歯科

お子さまが「歯医者さんは笑顔を作るために行くところ」と思えるように、できるだけ恐怖心を与えない治療を心がけています。

小児歯科

最近は、小学校の就学前検診でも子どもの歯並びが問題となっています。歯並びが悪いとむし歯になる確率も高くなります。原因としては、柔らかい食べ物が多くなってしっかり噛まなくなったことが考えられます。

当院では、0歳から第2大臼歯(12歳臼歯)が噛み合う14歳くらいまで、むし歯が1本もなく満足できる噛み合わせを目指しています。お子さまのむし歯や歯並びが気になる方は、ぜひご相談ください。

歯医者は楽しいところ!

小児歯科当院では、お子さまが将来にわたって口の中の健康を守り、歯医者に苦手意識を持たせないことを目標に小児歯科治療を行っています。そのため緊急性のない場合には、むりやり押さえつけて治療をすることはありません。

子どもの頃の印象は、長く記憶に残ります。「歯医者さんできちんと治療することができた」「歯医者さんは楽しいところだった」という印象を持っていただけるような治療を心がけています。

保護者の方へのお願い

小児歯科子どもが悪戯をしたとき「歯医者さんに連れて行くよ!」という保護者の方がいらっしゃいます。しかし、どんなときも「こらしめ」や「おどかし」に歯医者や注射という言葉を出さないでください。歯医者は楽しいところだというイメージを持たせてあげましょう。

また、だらだら食べや就寝前の飲食など、お子さまのむし歯は生活習慣にも影響されます。お子さまがむし歯になりにくい生活習慣を身につけられるようアドバイスもいたします。普段の生活からむし歯を寄せつけない意識を育みましょう。

お子さまの予防メニュー

お子さまの予防メニューむし歯になりやすい子どもの歯の健康を保つため、むし歯予防や正しいブラッシング指導を行います。

フッ素塗布
歯に直接フッ素を塗って膜を作り、むし歯の原因となる細菌から歯を守る処置をフッ素塗布(またはフッ素コート)と呼びます。1回で終わるのではなく、定期的に塗布を繰り返すことで予防効果が高まります。

ブラッシング指導
お子さまの口の中の状態を見ながら、適切な歯ブラシの選び方からブラッシング方法までをレクチャーします。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください