根管治療

むし歯になったとき、基本的には歯の悪くなった部分を削り取って、詰め物をすれば治療終了です。しかし、歯髄と呼ばれる歯の中心部にまでむし歯が及んでしまうと、それだけでは終わりません。

根管治療神経が通っている歯の根の部分を根管と言います。むし歯の原因となる細菌がこの根管部分にまで達して炎症を起こすと、歯根に膿が溜まった状態となってしまいます。その場合は、根管治療をしなければなりません。

根管は非常に複雑な形をしていて、中を肉眼で見ることはできません。そのため治療が非常に困難です。しかし、根管内を完全に殺菌しなければ内部でむし歯が再発・進行してしまいます。

治療方法
根管治療の方法は、まず歯の神経が入っていた部分(根管)を専用の器具を使ってきれいに洗浄します。薬を詰めたあと、詰め物を入れます。この際、むし歯を完全に取りきらないと再発してしまいます。根管治療には緻密な歯科技術が必要とされます。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください