むし歯の進行と治療

むし歯は、進行すれば進行するほど治療期間も長くなります。それに伴い、治療費もかさみます。そのため、できる限り予防して長く管理することが大切です。

COCO
歯の表面部分のむし歯です。初期段階のため痛みは伴いません。歯磨きなど毎日のケアに気をつけることで、歯を再石灰化させて改善できます。

C1C1
歯の表面のエナメル質が溶けることで表面が黒くなった状態です。この段階でもまだ痛みを感じることはありません。悪くなった部分を削って詰める治療をする場合、麻酔は必要なく、削る部分は最小限で済みます。

C2C2
歯の内部でむし歯が広がって象牙質にまで達した状態です。冷たいものや甘いものがしみて痛みを感じます。治療時には痛みを感じないよう麻酔を行います。悪くなった部分を最小限削り取ってから、詰め物や被せ物をして穴をふさぎます。

C3C3
歯の神経までむし歯が達した状態です。温かいものがしみたり噛み合わせると痛みを伴ったりします。この段階になると、むし歯を起こしている菌を完全に除菌するための根管治療が必要です。ほとんどの場合、神経も抜き取らなければなりません。

C4C4
むし歯が歯の根まで達した状態です。神経が死んでしまいますので痛みがない場合もあります。この段階になると、ほとんどの場合で抜歯が必要です。また、むし歯を引き起こす細菌が血管に入り込み、心臓病や腎臓病といった全身疾患を引き起こすこともあります。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください