矯正治療の症例:叢生で受け口だった症例

症例
症例症例

治療途中ですが、叢生で受け口だった症例で、叢生がほぼ解けて切端咬合になりました。さらにサージタル装置を用いた床矯正で、第二小臼歯の生えてくるスペースを確保すると共に、前歯と奥歯の噛み合わせを非抜歯で治療できました。

'治りたい'と願う方をそっと導くように。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください