院長あいさつ

院長あいさつ初めまして。いちご歯科クリニック院長の廣田和好です。
この度は当院のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

いちご歯科クリニックの基本理念は、食を中心にQuality of life(生活の質)を高めること。そして、人にやさしい、安心できる、わかりやすい歯科医療を提供することです。また、毎日「患者さまの幸せが医者の幸せでもある」という理想の医療を目指して診療活動を行なっております。

石巻市にお住まいの方々が歯のトラブルに悩まされることなく笑顔で楽しく過ごせるように、歯科医師として少しでもお役に立てればと思っております。

1冊の本に導かれ歯科医師に

院長あいさつ小さい頃から病気がちで、医者にはずいぶんお世話になりました。そのため将来は医者になりたいと思っていたのですが、ある日ふと入った本屋さんで天啓を受けたのです。天啓というと少し大げさに聞こえるかもしれませんが、何気なく手に取った本に書かれていた「東北大学歯学部」という文字を見て、体中に衝撃が走ったのです。

その出来事がきっかけで運命に導かれるように歯科医師を目指し、東北大学歯学部に入学しました。あの日、あのとき、あの本屋さんに入らなければ、もしかすると別の道を進んでいたかもしれません。

地元・石巻市に予防の大切さを広めたい

院長あいさつ大学卒業後、2つの歯科医院で勤務医として働き、1999年4月にいちご歯科クリニックを開業しました。開北小学校の1期生である私は、歯科医師として地元に貢献したいという思いからこの地に開業することを決めました。

大学時代から予防の重要性を感じ、予防歯科の大家である日吉歯科診療所の熊谷崇先生にも師事して予防に関するノウハウを学びました。その知識や技術をここ石巻市の皆さまに提供したい。そして、1人でも多くの方がむし歯や歯周病に悩まずに生活を送れるようにサポートしたいと思っています。

石巻市を小児のむし歯ゼロに!

院長あいさつ石巻市は、震災前から乳幼児のむし歯が多い地域でした。震災直後の食糧支援はありがたかったのですが、炭水化物中心で、小児のむし歯をさらに悪化させることとなりました。この状態を改善して「全国的に見ても石巻市の小児のむし歯は少ない」と言われるようになることが、歯科に従事する者にとっての「震災からの復興」だと思います。

むし歯は予防できるものです。早期発見・早期治療よりも、早期発見・長期管理の視点で皆さまの歯の健康をお守りします。

プロフィール

院長あいさついちご歯科クリニック 院長 廣田和好

【経歴】
1967年 宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒
1999年4月 いちご歯科クリニック開院
2002年4月 自由診療に移行
2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。

【趣味・その他】
●旅行(自転車、自動車、列車......なんでも)
●カラオケ("また遭う日まで"や"およげ!たいやきくん"を歌うと「ディナーショー」と評されます)
●鉄男、山男だったり、コスメ・エステに詳しかったりと多趣味。
 風貌だけでなく、引き出しの多さから「歯医者に見えない」と言われることが悩みとか。

まずは、お悩みをご相談ください

まずは、お悩みをご相談ください