«  2020年8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2020年8月12日

ペルセウス座流星群が今夜10時頃にピークを迎えて、1時間に30個もの流れ星が見られるかもしれないとか。

ゲリラ豪雨でそれどころではない地域もありそうですが、石巻では昨夜から今朝の雨が嘘のように星空が見られそうです。

35年前に、お亡くなりになった坂本九さんの供養というわけではありませんが、見上げてごらん夜の星を!

2020年8月11日

9年5ヵ月。

風化と言うべきか、「被災地」と言われても、どこのことを言っているのか定かではないほど、毎年のように「50年に一度の天災」が猛威をふるいます。

目を閉じて眠りにつき、明くる朝、起きる。
当たり前のように感じることをありがたいことに思い、感謝と恩返しのつもりで一日一日を重ねます。

合掌

2020年8月10日

台風5号が、九州全域を風速15m以上の強風域に入れて、きょう夕方に九州に最接近。
日本海から北海道方面に進む見込み。

きょう正午にフィリピン北部で台風6号が発生。

7月は台風の発生がひとつもなかったのに、8月1~10日の間に4つと、8月に入ってハイペースで発生しています。

さらに、あす小笠原諸島近海で熱帯低気圧が台風に変わる見込みです。

ちなみに、熱帯低気圧と台風の違いですが、熱帯低気圧は、亜熱帯や熱帯の海上に発生する低気圧で、北西太平洋(北半球東経180度より西の領域)や南シナ海に存在する、中心付近の最大風速(10分間平均)が毎秒17.2m(34ノット)以上のものが台風と呼ばれます。

北西太平洋や南シナ海以外に存在する最大風速17.2m以上に発達した熱帯低気圧は、位置によってハリケーンやサイクロンと呼ばれます。

2020年8月 9日

広島に続いて長崎でも、式典参列者は制限されました。
被爆者、語り部の高齢化も大きな問題になっています。

黙祷

コロナ禍で、飲食店が大打撃を受けている中で、大手ビール会社では、飲食店向けの樽が多くの割合を占めるアサヒビールがひとり負けの様相だとか。

かつて、アサヒビールとキリンビールで売り上げの明暗がわかれたのは、スーパードライの大ヒットもさることながら、缶ビールを推したAsahiと瓶ビールに固執した麒麟の差が囁かれました。学生時代にお世話になった方のお父様が、ビール好きで、ビールをコップに注いで出すと、「んっ、これは、瓶ではなくて缶だな」と言い当てたそうで、麒麟が瓶に固執した理由のひとつのようです。

ビールも、コーラやサイダーなどソフトドリンクと呼ばれる飲料も、瓶は絶滅危惧と化しているかのように、「家には栓抜きはないよ」と言う人が珍しくないかもしれません。

さて、歯医者駆け出しの頃に、「前歯で瓶の栓を抜いたら、歯が欠けちゃったので、治してほしい」と言う人が来ました。同じ頃に、歯科の保険診療に補綴物(ほてつぶつ)維持管理の仕組みが導入されたばかりでした。冠(クラウン)、橋義歯(ブリッジ)に、補綴物維持管理料を請求する代わりに、2年間の保証(2年の間に、それを外して補綴し直さなければならないときに、それに関わる費用は請求できない)するのです。

前歯を補綴する場合は、通常、前装冠と呼ばれる冠が適用されます。金属の被せ物ですが、外側は歯の色に近い物で被われています。もちろん、奥歯と同じように全部鋳造冠(銀色の金属で被われた冠を鋳造)でも良いのですが、海外で'目立とう'と、全部の歯を金色の全部鋳造冠で補綴したら、恥ずかしくて一歩も外に出られないほどになったので、白く被せ直した例があるほどですから、前歯は、前装冠よりも全部鋳造冠のほうが保険負担金が安くても、全部鋳造冠が選ばれることは稀です。

ただ、栓抜き代わりに前歯を使って「歯が欠けた」と大騒ぎする輩には、治療をやんわりとお断りするか、'前装冠ではなくて、全部鋳造冠を選択しよう'と思うのは自然ですよね。前装部分が欠けることを繰り返して、無駄にタダ働きさせられる以上に持ち出しが増えてしまいますから。

北九州の某歯科医は、頬杖や腕枕も含めて、歯や顎に癖のように力がかかり続けることを「態癖(たいへき)」と総称して臨床に取り組んでいらっしゃいます。銀座の某歯科医は「かみしめ症候群」と、私は、"カミスギ病"とか"ハミガキ病"と呼んでいます。
実は、歯や顎に力がかかり続けることが、歯周病(歯槽のうろう)の原因にも、むし歯の原因にもなるので、「歯を失う最大の原因は歯周病」と言われますが、「実は、歯を失う最大の原因は態癖/かみしめ症候群/カミスギ病/ハミガキ病」なのです。
そのことに気づいて臨床に取り組んでいる歯科医は、百人にひとりくらいだと思います。歯科医でもその程度なので、一般の患者さんにわかりやすく伝えて改善を促すことは至難の技です。

消化管の入口出口で、実は、口の中は肛門よりも細菌が多いほどです。
痔や大腸がんなどの問題があって、「トイレに行く度に血が出るんですよ」と嘆く人はいるかもしれませんが、一見、健全な人がそのように嘆くとしたら、健全ではなくおかしな人です。「歯磨きする度に血が出るんですよ」と嘆く人も同様で、ハミガキ病に侵されたおかしな人です。

歯磨き指導? 正しい歯磨き??
うんちの拭き方指導を受ける人がどれだけいますか?

歯ブラシや歯間ブラシ、デンタルフロスの使い方が乱暴過ぎて、手入れのつもりが自傷行為のようなことを繰り返しているから歯を失う流れが止めようがないのに、おかしな輩がおかしなまま大威張りしている意識の流れが改められそうにないならば、「あなたは私の患者ではない」と言って、治療を拒むべきです。おかしな輩は、自分がおかしいことに気づかないままに、誹謗中傷を繰り返すクレーマーでもあるようです。

2020年8月 8日

「ホームエレベーター」はあっても、「ホームエスカレーター」は稀ですよね。
エレベーターよりもエスカレーターは設置費用がかかるようです。

先日、JR仙台駅の仙石線ホームへ向かうエスカレーターのところで、ベビーカーを押していた人が立ち止まっていました。

DSC_2253.JPG

地下東口改札から入るとベビーカーを押したままエレベーターを使って仙石線ホームまで行けますが、中央口や東口改札から入ると仙石線ホームへは長いエスカレーターを降りるしかありません。
逆に、中央口や東口改札から入ると、東北線、仙石東北ライン、仙山線、常磐線、仙台空港アクセス線のホームへはエレベーターで移動できますが、地下東口から入ると、エスカレーターを使わなければなりません。

DSC_2262 (2).JPG

ようやく、中央口や東口改札から仙石線ホームに接続するエレベーターの工事中で、来年の夏頃には使用できるようです。

2020年8月 7日

仙台の球場では、今日から売り子さん復活!

ビールの巡回販売が再開しました。

ちょっとだけ、制約がありますが、こちらから階段を登り降りしなくても満タンで16kgもあるタンクを背負って......、ありがたい限り。

女神様の微笑みのおかげか、逆転イーグルスの勝利で、ホークスと並んで首位タイです。

2020年8月 6日

黙祷

2020年8月 5日

暑中お見舞い申し上げます。

2020年8月 4日

迷走日本国政府がひっかき回す「Go To トラブル」はともかく、当事者は着々と「Go To トラベル キャンペーン」を進めています。

DSC_2259.JPG

日本三景松島を訪れた方にオススメの3店をご紹介。

ひとつ目は、こうれん屋さん。

DSC_2261.JPG

仙台方面から国道45号線のトンネルを抜けて、松島海岸駅前を通過して、クランクのような角を逆クランクにほぼまっすぐ入った角にあります(駐車場は、店の向かいに数台分あります)。
昔は、仙台駅新幹線改札口近くの売店でも扱っていましたが、収支に見合わないためか(老舗中の老舗。商売を細く長く続ける秘訣でしょうか)撤退して、今では松島の店に買いに行くか取り寄せるしかありません。

海老煎餅のような「ゆかり」をご存じで、「こうれん」をご存知ないとは、本当に宮城県民ですか?

こうれん屋さんは、自粛期間中も、通常営業していました。
支払いは、現金以外にもクレジットカードや交通系ICカードやnanacoも使えます。キャッシュレス割引期間中も、適用されました。老舗は伊達ではありません。

二つ目は、松華堂さん。国道45号線の五大堂向かい側の路地の角で2階。
かすてらをどうぞ。

DSC_2158 (1).JPG

三つ目は、その路地を数百メートル入っていったところにあるぱんやあいざわさん。

DSC_2181 (1).JPG

DSC_2190.JPG

写真のバケットは発酵に2日かけるのだそうで、確実に手に入れたい方は、2~3日前に要予約。

「2日発酵って、発酵させ過ぎじゃないの?」

低温発酵か、こだわりの発酵方法については、聞けば教えてくれるかもしれません。

午前8時30分から営業していますが、お昼頃には品切れ閉店してしまいます。

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。