«  2017年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2017年2月28日

あと1242日!


今月は全休でした。

来月も全休、診療再開は、4月下旬からの予定です。

2017年2月27日

あと1243日!

2017年2月26日

あと1244日!

東京マラソンは、「タイムが出ない」と言われていた旧コースから、比較的平坦な新しいコースに代わり、優勝タイムは国内初の2時間4分を切る2時間3分58秒でした。

2017年2月25日

あと1245日!

2017年2月24日

「馬鹿につける薬はない」と、言われます。

「私は、うつなんだ」と、言っていた人が、9日に某心療内科に初診で行って、次の予約は26日午前11時~11時半と指定されながら、18日に自死。

そもそも、うつで心療内科を受診すること自体が、目を患っているのに耳鼻科を受診しているようなものなのに、藪医者は、それを承知の上で医療行為と称して傷害致死行為に勤しんでいるわけです。それを承知していなかったとしたら、さらに話になりません。

いちご歯科クリニック開業直後に、司法関係者に言われました。
「あなたは歯医者であって、心療内科医でも精神科医でもないので、あなたの言うことは通りません」

「地域医療に貢献」ですって?

馬鹿を超越した輩には、つける薬も何もない!

あと1246日!

昨日、約1年ぶりに学校給食を試食する機会がありました。
1食246円。
白ご飯に味噌スープ、鮭の揚げ物にサラダ、牛乳。
❛高学年の食べ盛りにはちょっと足りないかな❜と、思いつつも、麺を入れたら味噌ラーメンになるかという具だくさんの味噌スープは、具が少ない味噌汁よりも、それだけでおかずになるありがたいもの。1食246円と知っていれば、なおさらありがたく感じます。
食物アレルギーの子にも対応が始まりました。
仙台市は、自校給食だったりセンター給食だったり、どっちつかずですが、仙台に比べてメニューのバリエーションに乏しいとは言え、石巻の給食は、ほぼ復旧しています。

大手ファミリーレストランチェーンでは、同じチェーン店でも都会と田舎ではメニューが違っているとか。都会メニューのほうが、田舎メニューよりもバリエーション豊富。
石巻は、田舎メニュー(笑)。

昨日、「仲良いね」と、言われたその先に仮設住宅が広がっていたので、❛空きが目立ってきた中に入居している夫婦の仲睦まじさが?❜と、思ったら、その手前の電線にとまっている鳥。
「鳩かな」
❝......ですね❞
本当に仲良さそうな2羽。

さて、仙台市内の仮設住宅は、昨日、最後の一棟が取り壊され、市内最大だった長町の仮設住宅跡は更地になり、地権者に返還されました。
ピーク時は1,500戸余に3,000人余が暮らしていましたが、来月末には18ヵ所の仮設住宅跡がすべて返還されるとか。

石巻はまだまだ。

❛鳩、仲良いね❜

2017年2月23日

あと1247日!

先週の金曜日(17日)に春一番が吹いて、東京都心で最大瞬間風速19mを記録、今週月曜日(20日)に春二番が吹いて、最大瞬間風速28m。最大瞬間風速20m以上になると飛行機の離着陸が困難になりますから、旅客機は欠航が相次ぎ、火災などの被害もありました。
今日も、これから昼頃まで月曜日に匹敵するほどの強い南風が吹くそうで、雨も降り、日中の予想最高気温は20℃を超え4月並み、ただ朝晩は冷えるので上着が必要。
午前中は傘がひっくり返ってしまうのでレインコートが無難、でも、日中は上着が要らないほどで、晩は上着が必要、さて、どのような格好で出かけたものか?

春一番なんて吹かない年もあるのに、今年は1週間で3回も吹くので、春二番とか春三番なんて造語がまことしやかに言われています。

春一番が必ずしも風物詩とされない東北の地で暮らしているとピンときませんが。

ただ、これからも寒い日は多いようなので、春本番はまだ先のようです。

2017年2月22日

あと1248日!

JR発足30周年と言われれば、そうですね。もう、ひと世代、そんなに経つんですね。

目の見えない方の事故を防ぐため、困っている人の憂いを取り除くため、声かけキャンペーンをやっています。

電車待ちをしていると、私が子どもの頃は、「白線の内側に下がってお待ちください」とアナウンスされていましたが、「黄色い線の内側に......」のほうが多く聞かれるようになりました。黄色い線は点字ブロックの線で、目の見えない人の事故を促しているように聞こえるのは、私だけでしょうか。白線の内側に点字ブロックがあって、今でも「白線の内側に......」だと、ほっとした気分になります。
もっとも、点字ブロックの恩恵を受ける人より、邪魔に感じる人のほうが多いかもしれません。特にビニール製のペタペタ貼り付けるだけの簡易的な点字ブロックは、雨や雪の時に自転車の事故を助長しかねません。

先日、見かけた点字ブロックにはちょっと和みました。
ピンクと黄色の点字ブロックを交互に並べる遊び心。

2017年2月21日

あと1249日!

「ユキ......」
ちょうど1ヵ月前に、仙石東北ラインで仙台に行った時に、途中から乗ってきた女性グループの話し声が聞こえてきました。
❛雪がそんなに降っているか❜と、思わず外を見ると、「ユキ」だけではなく「タケ」とも。
❛んっ? 雪竹?? あぁ、裄丈ね❜
案の定、皆さん着物姿でした。
普通なら、その後に続く数字が頭の中に入ってきて、❛ふ~ん❜と、思うはずなのに、全然入ってきませんでした。
数日間ほとんど眠れていなくて、ぐったりと座ったまま。女性陣は、私が足もとに置いた荷物が何か気づいたか否か、ずっと会話を続けていました。クラッチとクラッチーナの巨大なぬいぐるみが入っていた大きなえんじ色のビニール袋に、細長いのやら小さいのやら中くらいのやらダンボール箱などを詰め込み、❛はたして、今日は、出来るのかなぁ❜。

細長いダンボール箱には、宮内庁御用達と書かれた紙切れも入っていました。
小さいのは、赤い鼻緒のアレ。
中くらいのは、麦わらのトップハット。
それに浴衣(鮫小紋の綿紅梅)と帯、スーツやら革靴やら。

ホテルに着いてから、数年前に購入していながら、まだ一度も袖を通していなかった浴衣のしつけ糸を取り、スタンバイ完了。

ラストステージのつもりだったのに、S先生からのリクエストに、来年の宿題と応じてしまいつつ、今年はコンプリート。
紅潮した笑顔で、握手を求められる、年に一度の至福のひととき。

2017年2月20日

あと1250日!

フィギュアスケートの平昌冬季五輪プレ大会、四大陸選手権男子は、ショートプログラムで1位だった17歳の選手が、フリーでは羽生選手に次ぐ2位の得点を挙げ、総合で羽生選手を上回り男女ともに17歳の選手が初出場初優勝となりました。

ショートプログラム3位だった羽生選手は、3種類の4回転ジャンプを4回跳ぶ予定でしたが、そのうちの1本が2回転になり、後半の3回転を4回転に変更するなどして、結果的に4回転ジャンプを4回跳びました。
ショートプログラム1位だった最終滑走の選手は、これを見て、4種類の4回転ジャンプを4回跳ぶ予定だったのを5回跳び、羽生選手の追い上げをしのぎました。

ショートプログラム1位だった選手が、クアドジャンプを5回ではなく予定通りに4回跳んでいたら、羽生選手に逆転されていたでしょう。
ショートプログラムの順位差も、クアドジャンプを予定通りにこなしたか、最初は成功も次がダブルにとどめたかが大きかったと思います。
勝敗は、滑走順のあやもありましたが、クアドジャンプの差でした。

2017年2月19日

あと1251日!

2017年2月18日

すし屋にすしを差し入れする201782(笑)。

ふっとため息をついて下を向いた視線の先に、点字ブロックがありました。

黄色とピンクの点字ブロックが交互に並んでいました。

ちょっと微笑んで......。

うつむいてばかりいられませんね。前を向きましょう。

あと1252日!

フィギュアスケートの平昌冬季五輪のプレ大会となる四大陸選手権、女子ショートプログラムで4位につけていた三原舞依選手がフリーで会心の演技、ショートプログラム、フリー合計で200.85点をマークして初出場初優勝を飾りました。初出場初優勝は、日本女子では2008年の浅田真央選手以来2人目、200点以上の高得点は、日本女子では4人目です。

ショートプログラム終了後、「ロシアの選手が出ていないのに、表彰台も危ういのでは?」と、渋い報道があり、目や耳をそむけていましたが、17歳がやってくれました。

2017年2月17日

春一番の名付け親は、江戸時代末期、長崎県の漁師さんだったとか。

立春後、初めて吹く強い南寄りの風を春一番と言いますが、定義は少し曖昧で、東京では最大瞬間風速8m以上、北陸では県によって微妙に違うようです。
関東と北陸で春一番がと伝えられましたが。

最高気温が20度を超えると、最大瞬間風速が18mでも、南寄りの風ならば、先日の石巻のように寒く感じることはないですが、週末は寒さが戻るそうです。
寒暖差が激しいですね。

あと1253日!

2017年2月16日

昨日の石巻の最高気温は6.8℃。
最大瞬間風速は19mでしたが、これは昨日の全国一だったそうです。
風速1mで体感気温が1℃下がると言われていますから、昨日は出歩くと寒く感じました。

今日明日は、朝晩はさすがに冷えますが、日中は全国的に3月から4月並みの暖かさ。
明後日からまた寒くなるのだそうで、体調管理にご注意ください。

あと1254日!

2017年2月15日

花粉症でお困りの方が、果物アレルギーに悩まされることがあるそうです。

りんご、なし、桃、スイカ、メロンなどを食べた後で、耳の奥、喉の奥、口の中がかゆくなるような症状が出たら、それかもしれません。

先日、いちご歯科クリニックの近く、みやぎ生協石巻大橋店の缶詰売り場で、九十九髪の女性が話しかけてきました。
「サバの水煮がね、売り切れちゃっているのよ。この間、テレビでやっていたから。テレビの影響って......オホホホッ」
たしかに、血液がドロドロになっている一つの目安となるLDLコレステロールの値を下げるのに、1日1缶サバの水煮を1週間食べ続けると効果があるという内容が放送されていました。その影響か、マルハニチロさんのサバの水煮は在庫切れでした。味噌煮はたくさんありましたが。
ただ、ちょっと離れた棚にある他のいくつかのメーカーのサバの水煮はありましたから、教えてあげました。
缶の大きさは微妙に違うようで、どれも内容量は190g。マルハニチロさんのは1缶200円では足りませんが、200円でおつりがくる缶詰めが売れ残っているなら、買わない手はないですよね。

他のスーパーでは、地元・木の屋さんのサバの水煮缶を売っていましたが、みやぎ生協さんでは見かけませんでした。
やはり1缶200円では足りませんが、木の屋さんの缶詰も美味しいですよね。

番組では、さらに血液をサラサラにすることを期待して、サバの水煮に大根や玉ねぎと合わせたレシピを紹介していました。

個人的には、サバの水煮は、亡き恩師に教わった冷や麦などのめんつゆの薬味として使うことが真っ先に思い浮かびます。

「マンボウは、一度に卵を3億個も産むって知ってた?」
「そうなの!」

テレビコマーシャルでやっています。
そのマンボウは、海面にぷっかぷか浮いていることがあるそうで、漁師さんはマンボウをとろうと思っていなくても、網に入ってしまうとか。
松島に水族館があった時も、展示されていたマンボウは、そのようにして捕獲されたと聞いていました。

良く出来たウエットスーツを着て、マンボウのようにぷっかぷか......。何も考えずに。

あと1255日!

石巻大川小津波訴訟の控訴審第1回口頭弁論が、3月29日に決まりました。

6年以上経って七回忌を経ても、和解も白も黒もないことになります。

お叱りを受けるかもしれませんが、私を含めた多くの石巻市民の本音は、「原告側にも被告側にも与しない」だと思います。
裁判でいつまで争っても、問題の根本的な解決にならないことは自明です。

税金を払わされることにさえも、むなしさを助長することになります。
これだけを理由に、石巻市や宮城県を離れても、もっともなことだと思います。そうした人はいるでしょうし、それが出来るなら、そうしたいと思っている人もいらっしゃることでしょう。

2017年2月14日

I am taking time out.

あと1256日!

グラミー賞主要3冠独占。

主要3冠独占2回目は、史上初だとか。

2017年2月13日

あと1257日!

平昌冬季五輪まで、あと360日!


昨日、アイスホッケー女子日本チームが平昌冬季五輪出場を決めました。
代表21人中6人が縁のある北海道苫小牧で。
次は、五輪での一勝ですね。

「包丁人」と言われるように、和食料理の達人にとって、至福のひとときは、料理が終わって一人で包丁を研いでいるときだとか。

「料理研究家に......」とからかわれますが、❛私にとって、包丁を研いでいるときが至福のひとときではないな❜と思います。

2017年2月12日

あと1258日!

2週間後、2月26日(日)に、イオンモール石巻2階のReason石巻店が閉店するのだそうです。
隣の帽子屋さんが、少し広めのReasonさんのスペースに移って、さらにその隣のABCマートさんが、帽子屋さんのスペースに拡幅するとか。

スタッフ不足のため、当面、盛岡店と名取店の2店舗で営業して、1年ほどでイオンモール内か近辺に戻ってきたいということのようです。

水戸で3年ぶりに10㎝の積雪を記録したり、鳥取で91㎝の積雪(鳥取で90㎝以上の積雪は三十数年ぶりとか)が......と伝えられています。
今日も、冷たい風が吹いていて、❛(雪が)降っているところでは、降っているのだろうな❜と思います。実際に、東海道新幹線に積雪による遅れが出ていたりしていますが、石巻は積雪らしい積雪がありません。
今シーズンは10㎝ほどの積雪はまだないですし、90㎝以上の積雪なんて❛石巻ではあり得ない❜と思います。

2017年2月11日

あと1259日!

山陰などで積雪により今シーズン2度目の交通マヒ。

さすがに、前回の混乱の反省を受けて、警戒が呼びかけられていましたし、それなりの対応がありましたが、雪かきをしていて溝に......といった犠牲者の報告もありました。

前回の雪による交通渋滞では、沿道の住民がトイレやおにぎりなどを......といったニュースに心温まる思いがしました。

さて、月命日。
来月は、七回忌だというのに、今でも震度1~2程度の地震が毎日のように続いています。

2017年2月10日

あと1260日!

2017年2月 9日

肉の日、河豚の日、服の日、福の日

あと1261日!

広島県や徳島県なども、内陸の山間は積雪があり、広島県にはスキー場も多いのですが、西日本の平野部でも、積雪警戒が呼びかけられています。
石巻も、今日明日明後日と雪が降る予報が出ていました。
❛降雪は今夜からかな?❜と思っていましたが、昼前から降り始めています。

2017年2月 8日

あと1262日!

1887(明治20)年2月8日、逓信省(後の郵政省、)現在の日本郵政グループ)のマークが決定。
もともと、逓信の「テイ」にちなんで、甲乙丙丁の「丁」に決定したものの、郵便料金不足の際に世界的に使用される記号「T」と紛らわしかったので、6日後の14日に、「テイシンショウ」の「テ」を図案化した「〒」と誤っていたことにして変更したとか。

2017年2月 7日

あと1263日!

......なのかなと思いつつ、一日中あっちに行ったりこっちに来たり。

2017年2月 6日

あと1264日!

「心(マインド)はどこにあるか」と問うと、欧米人は迷わず頭を指差すのですが、日本人は、胸のあたりをさすることが多いかもしれません。
過去のことを悔いたり、将来に不安を感じたりすることから解き放つように、座って目を閉じ、呼吸と息だけを、今を感じる。ストレス緩和のために、「マインドフルネス」と言われる試みが欧米で行われています。これを日本で広めようとすると、精神科医の団体が大反対運動を展開するかもしれません。心を満たすためには、むしろ、心を空っぽにするひとときが大切なことを承知の上で。
呼吸と息だけ、今だけを感じる瞑想するようなひとときは、座ってだけではなく、ヨガやストレッチのような動きを加えながらでも効果的でしょう。不眠で悩んでいる方が就寝時に取り入れても良いかもしれません。
ベテランのスポーツ選手や舞台俳優が、「昔は体が硬かったんだけどね。おかげさまで、ケガをしなくて済むんだ」と、笑いながら、軽々と股割りして見せるのです。

2017年2月 5日

あと1265日!

2017年2月 4日

暦の上では、春です。

朝は、日陰に雪や氷が少し残っていましたが......。

インフルエンザが流行のピークに。

花粉症もそろそろ......

あと1266日!

四十九日は、しめやかに

2017年2月 3日

人生初の全身麻酔下での手術を前にした人に、ガンバレー応援してるよとメールしつつ、❛頑張れとか応援とかプレッシャーになってヤバかったかな❜と思っていると、「頑張ってくるね」と返信があり、ちょっとほっとしました。

あと1267日!

福は~内!

「料理研究家に転職しないですよね(笑)」

2017年2月 2日

ここでのクリアランスとは、歯科での被せ物のかみ合わせの部分の厚み。
「銀歯ではなくて、白い歯で」というリクエストに応えて、白く被せたのに割れる?
白く被せる場合のクリアランスは1.5㎜必要と言われています。

白い被せ物が頻繁に割れて作り直すことを繰り返した挙句に、2㎜以上のクリアランスを確保したのにまた割れた例がありました。
いつもニコニコしている人だったのですが、そっち系の人で、一瞬だけコワい顔をして、「コウイウフウニカムトワレルンダヨ!」と大きな声を出して、顎を少しずらしてかんで見せました。その状態では、その歯の部分が深くかみこんで、クリアランス0㎜どころかマイナスになってしまうほどでした。ただ、そのかみ癖を抑えない限りどうしようもないかもしれません。
被せ物だけが割れて、歯の根の先まで竹を割るように割れていないならまだ幸い。そうなってしまうと、歯を残すのは絶望的になります。

ハンマーで叩いても割れないジルコニアの被せ物でも、クリアランスは1.5㎜必要ですし、オールジルコニアでは微妙な色合いが出せないので、ジルコニアにセラミックを焼き付けて自然な色合いにするのが通例ですが......。

だし用昆布の袋に、水1リットルあたり20グラムの昆布を入れて30分~1時間おいてくださいと記してありました。
水1リットルあたり20グラムは正解だと思いますが、時間は、出来るなら一晩のほうがいいですよね。
個人的には、カレーを作る時にも昆布でだしをとります。❛鍋の片付けも楽になる❜と、勝手に思っています。

さて、「だし」を「出汁」と書かれると、つい「でじる」と読んでしまうのは私だけでしょうか。

キムタクが「出汁」を「でじる」と読んでいたとか、「シーザーサラダ」を「シザーサラダ」と何度も言っていて、ハサミが入っているサラダかと皮肉るような記事を読みましたが、他人事に思えませんでした。

あと1268日!

消防署だったところの隣接地で、仮設営業していた南三陸さんさん商店街は昨年末で閉鎖されましたが、1ヵ月後の3月3日(さんさんにちなんでだそうです)に高台に移転本格営業開始予定だそうです。
仮設の時は、❛観光客目当てで地元の人が利用することは少ないだろうな❜と思われましたから、それが改まり、商店街がにぎわうことをお祈り申し上げます。

2017年2月 1日

今月も休診です

あと1269日!

卵4個をボウルに割り入れて、ひたすら30分かき混ぜます。
フライパンに油さっと、無塩バターをささっと。
かき混ぜた卵を焼き、すぐ蓋をして弱火で数分。

モンサンミッシェルの近くにあるあの店、日本国内では東京有楽町とか横浜にあるあの店のオムレツのような......。

チキンライスを用意して、ふわふわに焼けた卵を二つに折ってその上に乗せて、お好みのトッピングやソースを添えて出来上がり。

えっ? 1人で完食した?? 卵4個使って、チキンライスは米一合以上入っているのに???

卵をかき混ぜる時に、器械を使いたくなりますが、それではダメなそうで......。
手は30分ふさがりますが、足が空いているので、卵をかき混ぜながらスクワット。
200回はイケます。軽い運動(苦笑)の一つでした。

皆さんご存知の、美味しくご飯を炊くコツ。
呪文のように唱えられますが、実際には......?

土鍋に適切な水加減(米が水で覆われるほど)で米を入れ、強火にかけ、煮たって吹きこぼれたところで火を止め20分蒸らす。
「はじめチョロチョロ」は、土鍋が自動的にやってくれます。

こだわってくると、「もう少し肉厚で、背の高い土鍋が......」ということになるかもしれませんが、ミシュランガイドで星を獲得している店でそういう土鍋を実際に使っていたり、一般の人でもネット通販で購入できます。受注生産で、手もとに届くまで3ヵ月かかりますが......。

さらに、米そのものとか、水そのもの等にこだわると、楽しいかもしれません。

学生の頃に、米をといで水を切り、いざ❛炊こう❜と思ったら、米の真ん中にひびが入ったようになっていて、❛何で?❜と思ったことがあります。

「乾燥させすぎや」

そういうことですね。

今では、スマホなどでちょっと検索すれば、その辺も失敗しないで済むような詳しい情報が手に入るのでありがたいです。

重度の高血圧で❛ヤバいな❜と思って、1ヵ月以上毎日摂り続けている飲食物は写真の二つ。
これでそれぞれ3日分です。

WIN_20170201_083305.JPG

アンチ薬派なので、高血圧の薬は飲んでいません。処方もしてもらっていません。
もちろん軽い(苦笑)運動も効果的だったと思いますが......。

ゆっくり静養したいのですが、寒い日にブラブラ歩きまわらなければならなかったりすることが一因か、今のところ思ったように安定していませんけれども、もっと落ち着いてくると思います。

坂本冬美さんの、あの歌ではありませんが......

WIN_20170201_083209.JPG

« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。