«  2018年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« 女子パシュート | メイン | 歯にかかる力のコントロール »

2018年2月21日

ストレスは、元々、工学的な材料力学の言葉です。

物体に外力が作用した時に物体内部に生じる元の状態を保とうとする力、例えば、バネを引き伸ばしたり、押し縮めたりした時にバネの中に生じた力です。応力とも呼ばれます。

生理学者のハンス・セリエ(1907年~1982年)の「ストレス学説(ストレス理論)」から、今のようにストレスが広く用いられるようになりました。負荷と訳されましたが、ストレスが用いられるほうが多いですね。

良いストレスはともかく、不快な悪いストレスのはけ口を適切に求めないと、バネが切れたり伸びきったり押しつぶされたりして元の状態に戻らないように、体も蝕まれてしまいます。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ichigo-dc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/3470

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。