«  2018年2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

« 878 Days to Go! | メイン | 別れの季節 »

2018年2月28日

「痛い」と言う患者に、痛み止めを出し続けるほど愚かなことはない。
「眠れない」と言う患者に、睡眠剤を出し続けるのはもっと愚かだ。

「頭が痛いから」と言って、頭痛薬を飲み続けていると、その副作用による痛みに悩まされることになります。
それも薬で解決しようとしますか?
それでは、生きている限り痛みに悩まされ続けることになります。

「腰が痛い。どこの病院に行っても治らない」と、長年悩み続けている方の痛みの原因のうち何割かは、腰ではなくて実は脳にあることがあるそうです。
福島県立医科大学で、実は腰は何ともないのに「腰が痛い」と言っている人の治療に取り組んでいます。
「それ何かのテレビ番組で見たことがあります」

「痛い」と言う患者に、痛み止めを出すのはともかく、出し続けるのはもはや医療行為ではないことは、医師免許を持っているなら承知しているはずです。
それとも、商売上手の偽医者ですか?
それならば、 医師免許をとっとと返上するべきでしょう。

「バカにつける薬はない」と言いますが、さらに頭がおかしい奴には、対処の仕様がないですよね。
精神科医のほうも、無駄に薬をばらまいて儲けまくって、ベントレーだのフェラーリだの乗り回したあげくに、おかしくなって集団自死したあの一族の如し。

さようなら
つける薬は
ありません

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ichigo-dc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/3483

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。