«  2019年1月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 良い年を | メイン | 571 Days to Go! »

2019年1月 1日

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い申し上げます。

さて、年賀状や初詣は、日本の伝統行事ではありますが、明治時代になってから広まった比較的新しい習慣であることはご存知でしょうか。

年賀状は、本来、直接、年始の挨拶に行くべきところを遠方であることや都合で行けないためのお詫びを兼ねた書簡で、平安時代の公家、戦国時代以降は武家にも広まりました。
広く一般庶民が年賀状を出すようになったのは、明治時代に郵便はがきが発行されて以降だったそうです。
元日に、遠方なので年始の挨拶に行けないために、年賀状ではなくスマホや携帯を使うようになったのは自然な流れと言えます。

初詣は、江戸時代までは、元日に自宅近くの氏神様にお詣りしたり恵方参りをする人はいましたが、「初詣」とは言わなかったようです。
むしろ、元日以外の、初水天宮、初大師などの縁日詣りのほうが人気でした。縁日は毎月あるのですが、1年で最初の縁日は、欠かさずお詣りする人が多く、にぎわったようです。

川崎大師は、弘法大師にゆかりの21日が毎月の縁日でしたから、1月21日は初大師、初縁日としてにぎわっていました。
1872(明治5)年、新橋と横浜の間で鉄道が開業すると、途中の川崎駅に最寄りの川崎大師へ遠くから参詣する人が増えました。
明治中期になると、日曜日や正月三が日の休日が広まり、縁日詣りに休めない人が元日にお詣りするようになりました。
官営鉄道は、この人出に対応して臨時列車を運行するほどになり、新聞は、この「元日詣り」を「初詣」と報じました。

「初詣」や毎月21日の縁日詣りなど川崎大師の人気にあやかって、1899(明治32)年に大師電鉄(現在の京急電鉄)が官営鉄道の川崎駅付近と川崎大師を結び、その5年後には品川駅へ延伸して官営鉄道と集客競争を繰り広げました。
それが、成田山など東京近郊など他の地域にも広まっていったのです。

関西では、西宮神社が、もともと1月10日の十日戎でにぎわっていたのですが、阪神電鉄が初詣を宣伝して元日の参拝客が増えたそうです。

全国で日本の人口の三分の一ほど3500万人以上が初詣するそうですが、東京・明治神宮、神奈川・川崎大師、千葉・成田山新勝寺はそれぞれ300万人以上、京都・伏見稲荷大社、大阪・住吉大社はそれぞれ250万人前後が初詣するそうです。

イスラム教徒のメッカの巡礼が200万人ほどですから、「無宗教だ」と言う日本人が多い中で、イスラム教徒も驚く世界最多の宗教的行事の動員数を誇る初詣のルーツが、何百年も続く伝統でもなく、法律・制度で決められたわけでもなく、鉄道会社の宣伝がルーツだったわけですから、「日本人の底力」を見直すべき「面白い」雑学ですよね。「日本人が乗せられやすいだけだ」と笑い飛ばしても、「面白い」かもしれません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.ichigo-dc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4154

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。