«  2020年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2020年9月19日

イーグルスは、ホークスとアウェイで対戦して3ー1で勝利。同一カード5連敗でストップ。

首位ホークスとの対戦は、五分五分だったのに、この連敗中にズルズルと差が開いて、8ゲーム差の3位で、38勝38敗3分け。
ホームゲームを含む同一カード5連敗が祟って、首位ホークスに負け越しているのはともかく、最下位バファローズに負け越しているのはいただけません。他の3チームには勝ち越しているのに。
どちらのチームとの対戦も残り試合で挽回可能なので、序盤(無観客の頃)の'今年は優勝か?'と思わせるような「底力」を魅せてほしいものです。

2020年9月18日

軽いのにコンクリート並みの強度をもつCLTは3月21日付で記しましたが、間伐材を有効に利用できる点でも優れています。
間伐材を集めて、細かいチップ状にして、バイオマス発電の燃料にしている例もあります。

せっかく間引いても、間伐材の処理のしようがなくて放置しているよりは、1トンあたり3,000~5,000円でも、材料や燃料として買い取ってもらえるならば、林業が潤います。

「風力発電や太陽光発電に比べれば、木を燃やしているから二酸化炭素などが発生するじゃないか」と言われればその通りですが、間引かず間伐材を出さない林は、地面まで光が届きにくく下草が生えにくいので、荒れ果てて、二酸化炭素を吸収して酸素を出す機能が劣るだけではなく、多くの水を留めておくことができません。
適切に間引くと、地面まで光が届き、下草も生え、豊潤な土に蓄えられたミネラルは少しずつ海に注ぎます。

実は、間伐材の有効利用は、林業を活性化するだけではなく、豪雨災害を抑制する治水の面でも効果があり、さらには、牡蠣の養殖など水産業にも恩恵をもたらします。

コンクリートでかためてばかりでは......。

期待通りに機能しないコンクリートで囲った貯水地や巨大な貯水タンクのようなものを作るよりも、宝の山を次代に受け継ぐ循環型社会の構築のほうが大切だと思います。

2020年9月17日

前政権下で問題視された2点については、菅さんは「終わったこと」の一点張りで、真相究明されず闇に葬り去られることになりそうです。

真相究明のためには政権交代が必要ですが、その受け皿は見当たりませんし、国民の大多数もそれを望んでいないならば、それらの問題だけではなくこの国自体も「終わったこと」のように感じるのは私だけではないかもしれません。

2020年9月16日

秋田県出身者初の総理

2020年9月15日

今朝、通勤時間帯に石巻大橋で事故が起こったそうで、パトカーが出動する大渋滞。
「迂回して、先週10日の大安吉日に渡り初めしたばかりの新内海橋を通ったけれども、便利さは微妙だね」

私は、新内海橋をまだ渡っていません。このまま渡らないかもしれません。

2020年9月14日

最初の一歩から間違えているから、二歩目も三歩目もあらぬ方向に行ってしまうわけで、意識の流れをととのえるコーチングは、ブレークスルーの道をひらいてくれるかもしれません。

2020年9月13日

2万7千歩。12.0Ex。

久々に、1日でハーフマラソンほどの距離を歩きました。

昼頃までは、やることなすこと上手くいかず、無駄にウロウロしていた感があります。

出かけてから数分で、マスクをしていないことに気づいたのですが、すれ違う人は誰も、歩いている人も、走っている人も、自転車に乗っている人も、マスクをしていませんでした。

宮城県の新型コロナウィルス感染者が300人を越えましたが、州なのに人口が宮城県と大差ないハワイでは、1日の感染者が300人前後。

'感染者の多少は、マスクをつけていないかいるかではなく、感染者がウロウロしているかいないか。PCRだけではなくて、ランプも駆使して、まず感染者の選別が大事なのに'

改めてそう思いつつ、コンビニでマスクを購入して移動。

昼過ぎには、何とか落ち着いて、いつものように4リットル。4杯じゃなくて。

もはや、有名と言うよりも悪名高き領域かと自虐的に言いつつ、周囲の笑顔と最敬礼に癒された日でした。
ありがとうございます。

2020年9月12日

お金を貯めるなら、月に何日か不買日(何も買わないお金を使わない日)を設けるのがひとつのコツなのだとか。

本来たまたまではいけないのでしょうけれども、今日は不買日になりました。

コツコツと積み重ねが大きくなりますように。

2020年9月11日

本日午後は休診です。

ご了承ください。

「被災地」と言われても、どこのことかわからないほど、「50年に一度」の災害が毎年のように起こっています。

9年半。

黙祷

生きていられるだけで、ありがたい幸せなことですね。

comments

trackbacks

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。