«  2020年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 象徴としてのお務めについての天皇陛下お言葉 | メイン | 金メダル »

2016年8月 8日

リオ五輪競泳女子100メートルバタフライ予選で、自己の持つ日本記録を0秒28更新して57秒27を出して、準決勝で57秒05とさらに記録を更新して同組1位、全体3位で決勝進出した池江璃花子選手。
準決勝を終えた時のインタビューで、メダルのことには触れずに「56秒台を出したい」と答えていましたが、宣言通り、決勝では56秒86の日本新記録で6位に入りました。
スウェーデンのサラ・ショーストロム選手が55秒48の世界新記録で金メダルを獲得。
五輪史上最多7種目に出場する池江選手は、1種目を終えて「すごく緊張していたんですけど、56秒台を出す目標があった。メダルは取れなかったけれども、自己ベストを更新できてうれしい。日本の方々が応援してくれていたのがわかった。(16歳と)同じ年の子が2位に入っているので、4年後に向けてくらいついていきたい」と頼もしいです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ichigo-dc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2046

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。