«  2020年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« -0.5 | メイン | けが防止効果 »

2016年8月24日

高校野球夏の甲子園大会は、地方予選で微妙な判定が結果を左右したことがあり、本大会でも......と思っていたら、案の定、決勝戦で。
7-1の点差ほどではなくても、力差が明らかにあるように見えましたし、優勝校のショートやレフトが❛アレを捕るか?❜と舌を巻くほどのファインプレーを魅せましたから、優勝、準優勝の結果には異論がないですし、先制した北海はむしろ健闘したと思います。
ただ、審判の判定にとやかく言う筋合いはないのですが、ちょっとしらけてしまいました。

0-1と作新学院が今大会初めてリードを許した後、無死満塁から一塁線のゴロを一塁手のエラーと判定されましたが、一塁手は触れていなくてボールは一塁の外側を転がっていきましたからファールのはずでした。一塁の塁審がファールとコールしようとした時に、主審の古川さんが遮りました。北海側は伝令を通じて抗議しましたが、当然、受け入れられず同点。打者一巡の猛攻でそこから北海は失点を重ねて勝敗があっさりと決してしまいました。満塁になる前も、作新学院の打者本人さえもスイングと思ったのに空振りストライクとは判定されずにボールと判定され四球に。満塁になった後も2ストライクと追い込んだバッターが苦し紛れで打ったファールがエラーと判定されるのですから、勝てるわけがありません。

古川さんは、二度と決勝の主審をやらないでほしいですね。

チャレンジ制度とかビデオ判定を導入してもいいかもしれません。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ichigo-dc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2112

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。