«  2020年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 1337 Days to Go! | メイン | 1336 Days to Go! »

2016年11月26日

先日、いちご歯科クリニックに出入りしている業者の担当の方が、
「博多の駅前は、また陥没してきているらしいですね」と、
言っていたのですが、やはり目立ちませんし、安全にも問題はないとのことですが、最大7cmほど凹んでいるとか。

さて、河川敷、堤防に桜が......という名所は多いですが、新たに河川敷、堤防に桜を......と動こうとしても、根腐れを起こすなどの理由で拒否されます。
今より土木技術が優れていなかったとされる江戸時代には、むしろ積極的に河川敷や堤防に桜を植えようとしていました。
見物しに来た人が足で踏み固めることによって、河川敷や堤防が頑丈になると考えられていたからです。

博多に限らず、どの街でも、1kmの区間に3ヵ所くらいは陥没する危険性があるとか。
地下鉄だけではなく、上水道、下水道などを掘って埋めたあとなど。

いちご歯科クリニック開業前、建物が出来た直後に花壇の中の土が深さ数十cm溝状に陥没したので、花壇の土を寄せるだけでは足りなくて、土を入れて足踏みフミふみしたことがあります。

スタッフ用の駐車場は一部のアスファルトが数cm凹んだままです。

WIN_20161126_130138.JPG

水道水に、砂粒ほどの大きさ数の黒いゴム片のようなものが、混じって出てくることがあります。

業者に対処を依頼しても、露骨にいやな顔をされ......。

かれこれ18年近く、「夢は?」と、問われて、❝歯医者を辞めること!❞と、答えるようになった端緒です。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ichigo-dc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/2404

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。