«  2019年5月 8日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2019年5月 8日

4月下旬から5連敗の後1勝、その後4連敗して一昨日連敗ストップ。
連休前の2連敗を含めて、直近は2勝9敗と僅差の2位から同率2位に甘んじていたイーグルス。

パ・リーグの貯金は、20勝11敗のホークスが独占、15勝15敗でイーグルス、ファイターズ、ライオンズが並ぶ局面での今日の試合は、仙台でのイーグルス対ホークス。
イーグルスの先発は3勝負けなしの辛島投手。ホークスは4勝負けなしのアンダースロー高橋礼投手。
イーグルスは、初回に5点を先制され、3回、4回にも1点ずつ追加され、0ー7。
さすがに、おとなしい仙台の観客からもヤジがとぶ展開。

4回の裏にブラッシュ選手の2ランホームラン(7号)、5回裏に浅村選手の犠牲フライ、8回裏にブラッシュ選手の2ランホームラン(8号)で5ー7の2点差としました。

私のシナリオでは、この日3本目のブラッシュ選手のホームランでサヨナラ勝ちでしたが、9回裏1アウト満塁でブラッシュ選手は、三遊間後方へのしぶいタイムリー内野安打で6ー7。
続くゴールデンルーキー辰己選手のセンターへのタイムリーエンタイトルツーベースで8ー7のサヨナラ勝ち。

イーグルスは、球団史上最多7点差の逆転劇を演じました。

ヒーローインタビューは、一昨日プロ入り初ホームランを放ち、今日もサヨナラ打の辰己選手が連続で受けましたが、打点こそ0でも5打数5安打の銀次選手、5打数3安打5打点のブラッシュ選手、昨年、打球を受けて下顎骨骨折から復帰して一昨日1軍登録された戸村投手が、5、6、7、8回を四球を2与えつつも無安打無失点に抑えたことも大きく、4人がお立ち台でも良かったかもしれません。5回101球3失点(3ー7)で勝利投手の権利を得て降板した高橋投手に、2打席計19球粘ったウィーラー選手も見事でした。

ホークスが、20勝12敗で首位、イーグルスとファイターズが16勝15敗で同率2位、ライオンズとマリーンズが15勝16敗で同率4位となりました。
主力に怪我離脱が相次ぐホークスが、出場している選手も本調子ではない中、12球団で最初に20勝に到達したのは、明日の先発予定投手を含めて1軍登録戦手中8人が育成出身といった選手層の厚さが大きいですが、イーグルスも先発2本柱の投手が離脱中。
リードした展開の勝率が著しく高いホークスが大逆転負けをくらったショックは、貯金8と1が同じに感じるほどのように思います。

あと445日!

« 2019年5月 7日 | メイン | 2019年5月 9日 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。