«  2020年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« テレビ番組のご案内 | メイン | 418 Days to Go! »

2019年6月 1日

首位攻防第2戦は、今季の開幕投手ながらその試合途中に足の違和感を訴えてマウンドを降り、戦列を離れてから復帰2戦目の岸投手。前回は、ホームでマリーンズ相手に勝ち負けつかず。
今回は、アウェイでホークス相手に初回に4点の援護をもらうも、4回に松田選手の犠牲フライ、5回に内川選手、6回にデスパイネ選手にそれぞれソロホームランを打たれて、リードが1点になりましたが、7回に2点を挙げて突き放すもホークスも8回に2点を返して、1点差のまま9回裏。
松井投手が、付け入る隙を与えず三者三振で、バファローズの増井投手に並ぶ15セーブ目(1勝1敗)を挙げました。
岸投手は、6回被安打4、8奪三振四死球0、失点3で1勝0敗0S。
ホークス先発の高橋 礼 投手は、6回2/3を被安打10奪三振四死球ともに3、6失点で、今季初黒星(5勝)。

ライオンズは延長戦の末に敗れ、ファイターズは、3点差を追う9回にバファローズ抑えの増井投手から大田選手が同点3ランホームランを放ちましたが、同点のまま延長引き分けとなりました。

イーグルスが52試合28勝23敗1分けで、単独首位
ホークスが53試合27勝24敗2分けでゲーム差1.0の2位
ライオンズが51試合26勝24敗1分け、ファイターズが53試合26勝24敗3分けで、ゲーム差1.5の同率3位。

交流戦前残り1戦で、イーグルスがパ・リーグの首位ターン決定です。単独となるかホークスと同率かは、明日決まります。
イーグルスが敗れて、ライオンズとファイターズがともに勝つと、ゲーム差0.5に4チームがひしめく大混戦になります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ichigo-dc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4378

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。