«  2020年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« 348 Days to Go! | メイン | 347 Days to Go! »

2019年8月11日

DSC_1439.JPG

石巻市役所と大赤字の悪名高い石巻市立病院、さらにこの写真の左奥のほうに新設された防災センターを結ぶ歩道橋建設費用は5億円だそうです。渡っている人を見かけることが珍しいほどで、夜間も無駄にライトアップされています。

さて、いちご歯科クリニックから石巻駅までタクシーに乗ると、あともう少しで着くところで1メーター上がります。石巻駅からいちご歯科クリニックまでタクシーに乗ると、一方通行を迂回するため、さらに1メーターか2メーター上がります。

一方通行の道路拡幅相互通行化が行われているので、行きも帰りも同料金になるのはありがたいですが、道路拡幅に伴い、事業継続のために建物の移築を迫られた事業者は、補助金を得ても数千万円不足することに悩まされます。一方で、道路工事の現場では「こんな道路を作っても、混乱するだけだ」と吐き捨てています。

数千万円の不足を、預貯金から賄ったり、金融機関からの融資が得られれば、ひとまずは繋がりますが、どうにもならなかったら?
なかなか立ち退かなかったハゲは、今は連絡がつかないのだとか。

石巻駅に近いわけではないですが、友人の某事業者も道路拡幅に伴い、建物を移築したのですが、補助金を得ても数千万円足りず、金融機関からの融資を受けたそうです。彼は優しいので、「何かおかしいよね。ウフフ」と笑っていましたが。

石巻市は、補助金や交付金を受けて予算の範囲内でやっていますが、民間には全額補助にせず補填させる横暴さ。

どうにもならなくなった事業経営者が自殺したケースは、数例では済みません。震災関連死にもカウントされません。

このようなことが復興ですか?
恐ろしい人災としか思えません。

補助金・交付金の打ちきりは、石巻市が財政再建団体に転落するサインです。

その頃には、現職の石巻市長や商工会議所会頭は、「引退した私の知ったことではない」と、シラヲキルのでしょう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ichigo-dc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/4479

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。