«  2021年2月  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
2021年2月28日

ありがとうございました。

2021年2月27日

「気骨」を「キコツ」と読んで、「気骨がある人」と言われると褒め言葉ですが、「キボネ」と読んで、「気骨が折れる」だと......。

2021年2月26日

「来年、子どもが大学受験なんですが、英語が苦手で、どうすれば良いかと......」

日本語は母音言語で、1,500ヘルツから下、500ヘルツ前後の低周波音域から主に発声されますが、英語は子音言語で、3,000ヘルツ前後の高周波音域から発声されます。簡単な英語でも聞き取れないのは、主に、周波数を合わせなければラジオが聞こえないのと同じ理屈です。
2,000~4,000ヘルツ前後の音を強調した英語音声を聞き続けると、普通に1日何時間も聞き続けるよりも効率的に短期間で英語耳ができると思います。
列車での通学時間が1日30分とか1時間あるなら、高周波音域を強調した英語音声を携帯プレイヤーで音楽を聞くように聞き流しているだけで、1ヵ月もすれば英語耳はできるでしょう。机に向かっての勉強は、他に使えます。

「本屋さんの英語学習書のコーナーで、『英語耳』とか『チューニング』とかの言葉があって、意味がわからなかったけれども、そういうことだったんですね」

日本語では連結とか連声(れんじょう)、英語では"linking"、フランス語では"liaison"と言います("linking"と "liaison"は厳密にはちょっと違います)、"Let it go"を発音すると、"leリgo"のようになります。

"it"と"go"の間にそれらしい文字はないのですが、"ri"でも"li"でもなく、日本語のラ行の"リ"が発音されているのです。

「日本人は"ra""ri""ru""re""ro"や"la""li""lu""le""lo"の発音を聞き分けたり使い分けるのが苦手ですが、逆は違うんですね。自然に聞き分けたり発音できているんだ❗」

ちょっとした法則のようなことも少しずつ身につけながら聞いているうちに、勉強しているつもりはなくても、楽に英語耳はできるはずです。

2021年2月25日

1890年2月25日ヱビスビール発売開始

131年

2021年2月24日

2024年に新1万円札の「顔」になる渋沢栄一は、今年のNHKの大河ドラマの「顔」でもありますが、過去に千円札の候補になったことがあるそうです。

当時の印刷技術と偽造防止の理由から、立派な髭の伊藤博文が採用されたとか。


新1万円札はホログラムも使用するそうです。


3年後は、ハイパーインフレとか、変な世の中になっていなければ良いのですが。

2021年2月23日

天皇誕生日

昨年に続き富士山も、遠くから眺めるだけになりそうな

2021年2月22日

白謙さんの餃子かまぼこ。

DSC_2611.JPG

餃子の皮がかまぼこでできていて、中にキャベツ、鶏ひき肉、ネギが入っています。

石巻の立町店でしか手に入らないかもしれません。午後2時頃に入荷するとか。

DSC_2602.JPG

5月頃までの期間限定で、数量も限定。

白謙さんの笹かまよりも餃子かまぼこのほうが好きな方がいらっしゃいます。

1~2年前から製造販売再開。3.11の後、いち早く復活が伝えられていた白謙さんですが、餃子かまぼこも復活して以前の商品が揃いました。

2021年2月21日

プロ野球ファイターズの内野手として活躍して、引退後はプロ野球コーチや野球解説をしていた白井さんが、カーリング女子北海道銀行チームのメンタルコーチをしているそうです。

勝てば、同じ相手と北京オリンピック代表決定戦にもつれこみ、負ければ代表が消える一戦で、北海道銀行が勝ちました。

メンタルの差が勝敗に現れた一戦。白井さんの存在は大きかったようです。

メンタルと言えば、テニスの大坂選手も、以前の自滅してしまう脆さが消えて、風格さえ感じます。

2021年2月20日

全豪オープンテニス女子決勝で、大坂なおみ選手が勝ち、四大大会4勝目(全米2勝、全豪2勝)を挙げました。

2021年2月19日

日本でも接種が始まったファイザー社製新型コロナウィルスのワクチンは、発症予防効果も重症化予防効果も9割以上と言われていますが、不思議なことに感染予防効果は立証されていません。

発症予防効果があるワクチンならば、感染予防効果も期待できるはずですが。

パチンコ好きの方が、「パチンコ店でのクラスターが騒がれていたけど、黙って台にすがっているのがほとんどだから、飛沫感染は起こりにくいし、実際に、クラスターも発生していないよね」と言います。

歯科での感染リスクも高いと思っていたのですが、「患者としてきた新型コロナウィルスの感染者から歯科医が感染」という話も「歯科医院でのクラスター」も聞きません。

大阪府知事も、「大阪府内に歯科医院は5,500ほどあるが、クラスター発生がないのは何か(理由が)ある」と言っていましたね。
コールセンターでの歯磨きクラスターと同様に、家族で洗面台付近に並んで歯磨きをしていて家庭内クラスターの発生につながります。
仙台の歯科医院で感染の報告があったのは、感染したスタッフがスタッフルームで談笑していてだそうで、診療室内での感染がないのは不思議です。

歯科の診療室にあって、内科、外科や耳鼻科などのそれにないものはいくつかありますが、そのうち飛沫感染の予防に役立っている可能性があるものは、ほぼひとつに絞られると思います。

意外なところから、有効な感染予防策が見つかるかもしれません。

2021年2月18日

女性蔑視発言で辞任した森喜朗氏の後任として、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長に橋本聖子さんが就任しました。

「安全安心な大会」に向けて、課題は山積みですが、分断から融和への道筋ができると良いですね。

2021年2月17日

綿花栽培には多くの水を使うので、cotton100%のTシャツ1枚を作るためには、約2700リットルの水が必要と言われています。

灌漑用水・農業用水と飲料水との区別はともかく、飲食で必要な水の量はひとり1日1.8リットルとすると、4年以上間に合う量です。

海外で、食の危機だけではなくて、水の危機が叫ばれている地域では、作物についても節水が求められています。
日本でも、食の危機が現実的になる10年後には、水の危機が他人事ではないかもしれません。


先日の地震で、宮城県塩竈市などで断水。
住宅の灯油配管が破損して、油が川に流れ込んだことが原因だそうです。
明日まで続くようです。

2021年2月16日

昨年、石巻市などでロケが行われていたNHKのドラマが、いよいよ来月3月6日(土)22:30~BSP、BS4Kで放映されます。

草なぎ剛さんが主演、吉田羊さん、國村隼さん、矢田亜希子さんが出演します。

「宴席」のロケは、石巻駅に近い飲食店で、よりによって朝の通勤通学の時間帯に、一方通行の路地を塞ぐようにして行われたので、'迷惑な!'と思いましたが、文句はこれくらいにして、あれから10年とこれからをペペロンチーノの一皿に思い描いてみましょう。

2021年2月15日

「1月15日から2月15日までの1ヵ月は、1年で一番寒い時期ですが、寒気が流れ込むことはあっても、寒波はない見込みです」と予報された通りになりました。

ただ、二つ玉低気圧が、明日は急速に発達して爆弾低気圧となり、今季4度目の寒波が流れ込んできて、16日(火)から19日(金)にかけて荒れた天気になりそうです。

石巻では、明日の未明から昼過ぎにかけて暴風が、東北の日本海側では吹雪、北海道では数年に一度と言われるほどの猛吹雪が予報されています。

厳しい寒さになると予報されていたのとは裏腹に、高松で12月11日に観測史上最も早く梅が開花したり、平年よりも梅の開花が早かった東京などで「暖冬だったのではないか」と言われていますが、豪雪、猛吹雪、暴風などの印象が強く、石巻でも久々に寒い冬だと思います。

寒さはピークを過ぎて、あと1ヵ月ほどの辛抱です。

なぜそうなったかわからないままでも、コロナウィルスのSARSが消えたように、新型コロナウィルスも、感染しないように変異してしまうなりして、消えてしまうと良いのですが手強そうですね。

ヒトにワクチンを打つよりも、ウィルスに何らかの刺激を与えて、ウィルス同士で相殺するように変異を促すことが、何よりも勝る予防法だと素人的な夢物語をつい描いてしまいます。

2021年2月14日

昨夜の地震で、津波はありませんでしたが、石巻の港で海面変動20cmを観測したそうです。

震源が深かったので津波になりませんでしたが、さらに震源が浅くて規模が大きい余震は勘弁してほしいです。

起こらないことを祈ります。

2021年2月13日

50分ほど前に、石巻では震度6弱の地震がありました。

震源は福島県沖で、福島県と宮城県で震度6強を記録しました。津波はないようです。

3.11の余震で、宮城県内で震度6強は2011年4月7日以来です。

最近は、余震は少なくなっていたのですが、また増えてきそうです。

震源が宮城県沖と福島県沖で、津波の有無の違いもありますが、2011年3月9日の地震に似た嫌な雰囲気があります。

2021年2月12日

新型コロナウィルスに感染して発症した患者は、発症後10日経過すると、他の人に感染させる状態を脱するそうです。

ダイヤモンド・プリンセスの入港騒ぎから1年以上が経過して、当時、陣頭指揮をとり、今でも神奈川県内で活躍している医師も言っていました。

科学者の世界的コンセンサスとされています。

病状が長引くのは、本来は自分自身の体を守る免疫の働きが暴走して体を傷めてしまったダメージが残るからです。治ったと言われても、何割かの人が後遺症に悩まされるのもそのためです。

もちろん、その後、変異種などに「再」感染する可能性はありますが、首相?厚労相?専門家会議改め分科会・アドバイザリーボードの会長?○○医師会の会長?らが、バラバラのことを言うのではなくて、科学者の世界的コンセンサスに基づいて国民を導くべきなのに、いつまで経ってもそうしないことは理解できません。

2021年2月11日

DSC_2456.JPG

石巻でも、最近、津波避難ビルのマークを見かけることが多くなりました。
10年以上前に、テレビで初めてこのマークを見ました。
東海地方で、大地震・大津波に備えて、避難訓練だけではなくて、医師ではない一般の人もトリアージの訓練をしていて、戸惑いつつ、「万一のときは、医師だけでは間に合わない大勢の重軽傷者が出るだろうし、自分がどうなるかもわからないから」と言っていたのを覚えています。

'他人事'と思っていた1年ほど後に3.11がありました。

テレビで見た津波避難ビルのマークは、大地震・大津波に耐えると認定された建物にだけつけられるものでした。10年前までは、石巻では見かけませんでした。
3.11の後に、津波避難ビルとしてこのマークがついた建物が、いくつか新たに建てられましたが、最近は、ただ「避難所」につけられているようです。写真の建物は、築何十年も経っていて。9年11ヵ月前に、「『建物が倒壊するかもしれないから、建物の中に避難してはいけない』と、消防署から通達があった」とデマが流されたほどの建物にも関わらずつけられています。
デマの流出源は、消去法でひとりしかいない(そのことを最初に聞かされた人物)のですが、「不明」とされています。その上司の英断で、建物の中に避難できましたが、デマに流されていたら、大川小学校ほどではなくても、人的被害が出たことでしょう。

「想定外」に代表されるような、起こってはいけないことが絶対に起こらないことに変わってしまう安易な楽観主義。

殻の中に入ったエリートは、ソシキに忠節を誓い、人間としてどう生きるべきかを自問自答することなく、マニュアル通りに動いてばかりだから、いざというときには電源が切れたロボットのように役に立たない。

80年前も、10年前も、今も。

温故知新。勉強しましょう。

2021年2月10日

お気に入りだった焼肉店の銀座店が、昨年末で閉店してしまいました。テレビなどで取り上げられて話題の「焼肉きんぐ」とはちょっと違いますが、食べ放題で、秋葉原などの系列店と同じ値段で、コスパだけではなくて眺望が最高でした。


子どもの頃、カレーライスの肉と言えば鶏だったのですが、大阪では、カレーライスと言ったらビーフカレーなので、大阪の人が「上京したときに、ビーフカレーとかポークカレーとかチキンカレーと、いちいち書いてあるのを見て驚いた」と言っていたのを聞いて、'さすが大阪の人はお金持ちなんだな'と思ったものでした。

日本の食料自給率は、38%ほど。牛肉はそれを下回り、豚肉はやや上回り、鶏肉は6割ほどです。消費量は豚肉、鶏肉、牛肉の順でしたが、ひと昔前から鶏肉が逆転して、鶏肉、豚肉、牛肉の順になっています。
3.11で被災した宮城県内のメーカーが開発したサラダチキンは、今では様々な業者が多くの種類を製造していて、全国のコンビニ・スーパーなどに並んでいますが、サラダチキンの普及が大きかったかもしれません。

さて、全世界で作られている穀類を人口で均等に分配すると、ひとりあたり約2300kcal摂取できるので、飢餓の問題は起こらないように思いますが、穀類の1/3ほどは家畜の飼料にあてられているのだそうです。肉牛は大量のとうもろこしなどを与えられていますが、1kgのとうもろこしを作るために必要な水は1,800リットルほどで、牛肉1kgを得るためにはその約20,000倍の水が必要なのだそうです。
水が充分に供給されているならば大きな問題はないのですが、アメリカ合衆国の穀倉地帯で地下水を汲み上げてとうもろこしを作っている地域では、あと10年ほどで地下水が底をつくとか。
昨今の極端な気候が災いして、干ばつの被害があったりしたら、10年経たないうちに輸入牛肉がストップしてしまうかもしれません。

「狂牛病のときの騒ぎなんて問題じゃないことが、あと10年ほどで起こる?」

そもそも、食料自給率が4割に満たない国で、食べられる食料を飽食と言われるほどに大量に捨て続けてきたバチがあたらないはずがないのです。実際に、日本と同じ食料自給率が4割ほどだった某国は、今、大変な食糧難に瀕しています。コロナ禍だけでも大変な現状ですが、地球の反対側のことと思っているうちに、このままでは食糧難がいずれ降りかかってきます。

日清食品の「謎肉」などの大豆ミートが、焼肉用やハンバーガーのパティ用などにも実用化されつつあります。

「なるほど、何となくとか、遊び半分で作っているんじゃなくて、その対策のためでもあるんだね!」

そうです。牛肉よりも安く美味しく、地球環境にも優しくと、一挙両得どころか一挙鼎得を狙っているわけです。

棺おけに片足か両足も突っ込んでいるような、指導者と言われる80歳前後の政治屋は10年後、20年後の未来を語れるでしょうか。若者にこそ10年後、20年後を教示してほしいです。

「先生」と呼ばれる人は、必ずしも聖人君子ではなくて、温故知新から人々を導く人です。ポンコツ爺を批判する暇があったら、当たり前のできることをひとつずつ積み重ねて、明るい未来を切り開きましょう。

「10年後は、『ビーフカレーを食べるなんて、大金持ちですね❗』と言いそうな世の中になると思うと悲しい。負け惜しみかもしれないけど、『大豆ミートのほうが旨いよね』とか言って、笑って生きたい。でも、大豆も大部分が輸入か。なるほど、何とかするために、生きよう‼️」

本日は、休診です。

ご了承ください。

2021年2月 9日

明日11日(水)は休診です。

ご了承ください。

2021年2月 8日

月曜日の今日、宮城県の新型コロナウィルス感染確認者数は、昨年の8月26日以来、約5ヵ月半ぶりに、0でした。

宮城県では、最近、民間の医療機関での検査数が増えていますが、日曜日は休診の医療機関が多く、検査数が比較的少なかったことが理由のひとつかと思います。
感染して、県内の医療機関に入院していた90代の女性が7日に亡くなり、県内の累計死者数は23人になりました。
現在、重症者は7人だそうです。

感染確認者数0を続けていたオーストラリアのメルボルンで、テニスの全豪オープンが始まりました。夏で暑いこともありますが、まばらな観客席で、マスクを着用している人は少ないようです。それでも感染者はいないのです。
選手・関係者は、用意された移動の飛行機やバスを乗り継いで宿舎のホテルに入りましたが、移動の飛行機内で、ひとりでも感染確認者がいたら、ホテルの部屋から2週間一歩も出ることができず、いなくても、外出は1日5時間以内に制限される徹底ぶりでした。

「封じ込めに成功した」と言われる中国や台湾、オーストラリアから親の介護のために帰国した方が、'2週間の自主隔離'と思って、外出せずにいたところ、帰国後10日も経たないうちに病院・施設側から「連れて来てください」と連絡があって唖然としたそうです。

「ゼロコロナ」とか「しっかりと」とか「徹底します」と言うならば、本気で東京オリンピック・パラリンピックを開催するつもりならば、オーストラリアをみならうべきだと思います。

2021年2月 7日

好中球細胞外トラップ(neutrophil extracellular traps:NETs)は、免疫を担う細胞のひとつである好中球が、自爆するような形で、自らの細胞を犠牲にして、ネバネバした投網のようなイメージのものを出して細菌やウィルスを捕まえようとすることで、最初に報告されてからまだ20年経っていません。

新型コロナウィルス感染症の症状が進むと、サイトカインストームと呼ばれる免疫の働きの暴走が起こって、免疫細胞が血管を傷つけることがあると言われていましたが、末期には、好中球細胞外トラップも起こることがあるようです。

亡くなった方の死因となった詰まった血管の中に、好中球の死骸が多く見つかるのだそうです。
「心不全」で亡くなった方のPCR検査を死後にしてみたら、陽性だったと報じられることがあります。
症状がなかったり軽かったために自宅待機していた方が急に亡くなったり、心不全で亡くなる方が急増しているのは、新型コロナウィルス感染症に伴い、好中球細胞外トラップが起こって、血管が詰まってしまうからではないでしょうか。
感染確認者数の報告については、追跡や検査数を減らしていることから信頼性は既になく、比較的信頼できた重症者数・死者数についても信頼が揺らいでいます。死因の肺炎が新型コロナウィルス感染症に起因するのか否か鑑別診断しきれていない以上に、心不全でしきれていないと思うからです。

感染しないように免疫の働きを高めることが大切と言われますが、皮肉なことに感染すると免疫の働きを抑制したほうが重症化を防ぐことになります。
リウマチの薬の中に、新型コロナウィルス感染症にも効果がある薬があるのは当然の理屈で、高血圧などの持病がある方は重症化しやすいと言われていますが、リウマチ患者は逆に重症化しにくいかもしれません。

生きている限り、毎日、体の中でがん細胞ができてしまうのですが、免疫の働きで抑えられています。ところが、やはり皮肉なことに、がんが増殖すると免疫の働きが高まれば高まるほどがんの増殖も進んでしまうことがあります。好中球細胞外トラップで、免疫の手の内をさらしてしまい、がんがその上を行ってしまうことなどがその理由のようです。

2021年2月 6日

スガ政権は、政権交代前の政権の状態に似ていると揶揄されています。

今月に入ってプロンプターを使いはじめて、目線を落とさずに話したことは、国民の心を少しでもつかむためには効果的だったと思います。

アップの画像を見ただけで使いはじめたことがわかるように、右斜め前、左斜め前と、プロンプターを凝視せず、チラチラと目線を動かす程度で正面を向いて話せば、さらに良かったと思いますが、不器用な方を周りが支えなければならないでしょう。

「素直にお詫び申し上げます」と述べたことについて、京都選挙区から出ていて、国会で議長の経験もある与党の重鎮が、「素直に」ではなくて、「率直に」とか「心から」と述べるべきだったと苦言を呈しました。スガさんに対してよりはむしろ、「原稿」を作文した官僚に対してです。プロンプターから目を話して頭を下げながら述べたので、'率直と素直の言い間違いだったのかな'と思っていたのですが違うようです。

首相だったアベさんが国会で言っていたことは、無理やりでも辻褄をあわせていた官僚が、官房長官だったスガさんが言っていたことをあっさりと否定してしまい、スガさんが憮然とするあり得ない光景がありました。'首相になったら、官僚は支えるように変わるだろう'と思っていたのですが、まだ歯車がかみあっていないようです。

首相就任当初から、学術会議の任命問題で汚点を残して、海外からもダメ出しされたポンコツを優秀な官僚が支えなくて、「空気で」選んだ与党議員も、「空気で」スガおろしを唱えるようでは、オシマイDEATH。

国会で「ゼロコロナ」と言った野党党首も、それ自体は聞こえは良いですが、言っている内容はスガさんと大差なく、批判するに値しません。
あと1ヵ月ちょっとで10年が経過しようとしている今でも、「エダノとかカンなんて、あの中にブチコンデシマエ」と福島県沿岸部で暮らしていた方が言っています。

「新しい生活様式」が、「死を連想させる息苦しい生活様式」ではなくて、「日々前向きに生き抜くための様式」となるように、歯車がかみあうことを祈ります。

2021年2月 5日

東京都の新型コロナウィルス感染確認者が577人と発表されて、8日連続で千人を下回った一方で、人工呼吸器やECMO(エクモ:体外式膜型人工肺)を使用している重症者数は、前日から2人増えて117人です。

重症者の基準は東京と大阪など地域によって微妙に異なりますが、感染確認者数は減っているのに、重症者数や死者数はあまり減っていないことに違和感を抱きます。

ごまかしのからくりは、「濃厚接触者」の追跡がパンク状態になったことなどから、緊急事態宣言発出後に、検査数を減らしたことにあるようです。

昨夜、あるニュース番組で、ある女性アナウンサーがそれを暗示するようなことを言っていましたが、はっきりと明言はしませんでした。

東京都知事も、1月のいつ頃までか、感染確認者数が急増したことを指摘されても「検査数も多いので」と、苦笑いしながらかわしていましたが、検査数には触れずに、重症者数・死者数から言うように変わっています。

国から箝口令がしかれているか否かはともかく、ごまかしは、ウィルス感染症には通用しないことを知るべきです。

2021年2月 4日

セブンイレブン石巻元倉2丁目店が、寒い中、1cmほど積もった雪かきしながら、午前7時にOPEN。

繁盛・交通安全を祈ります。

2021年2月 3日

1897(明治30)年以来124年ぶりに2月3日が立春、前日の2月2日が節分でした。

次は4年後。


ニューヨークには強い寒気が流れ込んで緊急事態宣言が出されているそうですが、実は、日本上空の寒気のほうが強いのだとか。

年明け前に「一年に一度あるかないか」の寒波、年末年始には「数年に一度あるかないか」の寒波、さらに年明け後に同じような寒波と、今季は既に寒波の被害が三度ありましたが、「一年で一番寒い1月15日から2月15日頃までは、寒気が流れ込むことはあっても寒波はない」と予報されていた通りになっています。

寒波と寒気の違いは、寒さが長く続くか否かの差。

今日は暦とは裏腹で寒かったですが、週末は春の温かさ。
最低気温が水道管凍結の可能性がある日がまだ何日かあるかもしれませんが、三寒四温の流れですね。

2021年2月 2日

本日は、休診です。

ご了承ください。

2021年2月 1日

明日2月2日(火)は休診です。

ご了承ください。

« 2021年1月 | メイン | 2021年3月 »

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。