«  2021年4月 9日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2021年4月 9日

「新型コロナウイルスを家の中に持ち込まないように、帰宅後に、上着は玄関脇にかけて、洋服はすぐに洗濯をして、シャワーを浴びています」

ある看護師さんが言っていました。

一方で、「髪が濡れるのが嫌で、玄関先で上着を着たまま殺菌灯を当てています」と言う人はやり過ぎです。
殺菌灯の250~260nmの波長の紫外線は、直接皮膚に当て続けたら日焼けどころか火傷のようになるでしょうし、直視していたら目にも害があるので、人に当てないようにするべきだからです。

殺菌灯は、通販などで一般的に手に入りますが、有害・危険なだけではなくて、効果がない商品もあるようです。

220nmほどの波長の紫外線は、皮膚の表面、垢の部分までしか届かず、日焼けや染みのもとにはならず、目にも悪影響がないのですが、新型コロナウイルスの感染力を殺ぐことはできるそうです。

至近距離で数秒当てた程度で飛沫の中に潜むウイルスを不活化できるのならば良いですが、効果は弱いと思うので、天井据え付けの照明として使用した場合にどれほどの効果があるか疑問ですが、人体に有害な230nm以上の紫外線をカットして222nm付近のみを照射するCare222という商品が市販されています。
数千円から手に入る殺菌灯に比べて桁が2つ違いますが、導入するならばCare222のほうが良いと思います。

« 2021年4月 8日 | メイン | 2021年4月10日 »

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。