«  2021年9月26日  » 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
2021年9月26日

プロ野球のペナントレース終盤。

セ・パ両リーグともに混線。

パ・リーグは、首位マリーンズ、3ゲーム差で2位バファローズ、以下3位イーグルス、4位ホークスと続きますが、マリーンズがこのまま突き進みそうです。

交流戦前は下位に甘んじていたバファローズは、交流戦で首位となって、一時は首位独走かと思いましたが、チーム別の対戦成績で見ると、マリーンズ、イーグルス、ホークスにそれぞれ1ゲームずつ負け越していて、最下位ファイターズにも負け越しています。5チーム中唯一ライオンズに大きく勝ち越しているだけで、交流戦でセ・リーグのチームから得た貯金を取り崩しながら何とか2位に留まっている不思議な現状です。
一方で、マリーンズは、そのライオンズに負け越しています。
イーグルスは、マリーンズに大きく負け越していて、残りの直接対決を全勝しても既に今シーズンの負け越しが決定しています。他の4チームには勝ち越しているかほぼ五分で、交流戦でも勝ち越していたので、マリーンズ首位のお膳立てをしたのは、直接対決でズルズルと連敗し続けたイーグルスと言って良いでしょう。
イーグルスがマリーンズと五分の展開だったならば、開幕直前に予想していた人が多かったイーグルス優勝が実現したと思います。
推してはいますが、美馬投手は、昨シーズンほどの活躍ができていません。
荻野選手は、'シーズンを通じてずっと出ていたら、マリーンズは最強だな'と思っていた選手ですが、毎年ケガなどで戦列を離れることがありました。今シーズンは、不動の1番バッターとして出場し続けています。イーグルスは、1番バッターを固定できていません。この差が大きいと思っています。

« 2021年9月25日 | メイン | 2021年9月27日 »

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。