«  2021年9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

« どう寄り添うか | メイン | よもやよもや »

2021年9月30日

患いたくない病気のアンケート調査で、2位の「がん」をおさえて1位になったのは「認知症」だったそうです。

なんとなく理解できますね。

さて、歯科矯正治療希望者には、治療前に無料相談の時間を設けている歯科医院が多いと思います。
チラ見しただけで見積書を出して検査、治療開始へ進むだけならば良いのですが、「X-ray写真を撮ったりしないとわからない部分があるから、無料相談のときに検査の半分ほどはしてしまっても請求せずに無料。その後、治療をすることになったら、残りの検査をして、検査費用の請求。なしのつぶてだったら、検査費用の半分は持ち出しのまま」と苦笑いを浮かべる同業者に同感します。

「ひとりで悩まずにご相談ください」(by 金盗り弁護士)

開業直後に、無料相談コーナーを訪れても、金盗り弁護士は名前を名乗っただけで、それ以上、何を聞こうとしても、「無料はここまで!」。

仙台市青葉区「両岳法律事務所」の丸川誤を訪ねると、ソファーの背もたれの後ろに片腕をぶら下げて、ふんぞり返って足を組み、「これ勝てねえから諦めろ❗」。

"相手は、認知症患者のように、自分が何を言っているのか何をやっているのかわからない精神疾患の患者だから"と言っても、「精神科医でも心療内科医でもない歯科医の言い分は通らない」と、精神科と心療内科の違いもわからないくせに、私のほうが支離滅裂だとはねつけられました。

認知症患者よりもひどい頭がおかしい奴は、訴えを取り下げた後で、「わけがわからないうちに裁判になっていた」とほざいていました。

頭がおかしい裁判所関係者や金盗り弁護士からは、一言の謝罪もなく、裁判などの手続きなしに問答無用で、国家賠償請求してもナシノツブテ。

3.11の被災者が「無料相談」の後で復興住宅に入居。
不具合があっても自腹で直すしかなく、収入は下がっても家賃は上がる一方で、
生活に困窮して、自らの命を絶つケースが相次いでいます。

そもそも、頭がおかしい金盗り弁護士に相談した最初の一歩目が間違いだったのです。
生きてください。はいつくばっても。
「くたばるべき奴は、他にいるのだ」と頭がおかしい奴らに言っても無駄ではないことを示しましょう。

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。