«  2021年10月14日 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
2021年10月14日

プロ野球パ・リーグの首位2位直接対決。
首位バファローズが勝ち、3位イーグルスが敗れれば、バファローズにマジックが点灯。
残り試合の差で、2位マリーンズは勝つか引き分ければマジックが点灯。
先発はバファローズが宮城投手、マリーンズが佐々木朗希投手の高卒2年目同学年対決。
試合前まで、宮城投手は12勝を挙げ、2年目ながら権利を持つ新人賞の最有力候補ですが、最近は負け試合が続いています。
佐々木朗希投手は2勝2敗でも、それぞれ勝ち負けはつきませんでしたがイーグルスの田中将大投手、則本昂大投手と奇しくも2ー2(田中投手との対戦では両投手が降板後にマリーンズが、則本投手との対戦ではやはり両投手が降板後にイーグルスが、それぞれ勝利の得点を挙げました)で投げ合って、今後の活躍が予感されます。

試合は、宮城投手が自己ワーストの5回5失点、一方の佐々木投手は6回無失点、両投手が降板後に両軍それぞれ1点を取って、1-6でマリーンズが勝ちました。
宮城投手は12勝4敗、佐々木投手は3勝2敗。

マリーンズはバファローズとのホームでの直接対決で3連敗して後退しましたが、アウェイでのこの3連戦で2勝1分け。

順位表ではゲーム差0.5で2位のままですが、マリーンズに1970年以来51年ぶりのマジックが点灯しました。
残り10試合で、優勝マジック「9」から最短優勝決定は19日です。

マリーンズは、2005年、下剋上からの優勝がありましたが、バファローズは、最も優勝から遠ざかっているので、粘りを見せてほしいです。

3位のイーグルスは、ホームで4位ホークスの美技連発と8回に一挙4失点の逆転を許して、5-6で敗れました。

« 2021年10月 5日 | メイン

Entries

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。