«  2021年12月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

« 歯根膜炎 | メイン

2021年12月30日

大阪で20人以上が亡くなった心療内科放火の被疑者も亡くなり、真相究明は困難になりました。

精神を病んでいる人には、寄り添ってくれる人が必要なのですが、恋人なり、配偶者・家族なり、ボランティアのように無報酬で寄り添わなければならないために、制度の中に理想的に組み込みにくいのです。

医師が寄り添ってくれる人になる場合もあるかもしれませんが、ごく少数、稀でしょう。

多くは、シャブ中が非合法組織に群がるように、心療内科と神経科・精神科の違いも知らずに「クスリ!クスリ‼️」と群れているようなものです。

「儲かりまっか?」

「ぼちぼちでんな!」

ほぼ半世紀に亘って、石巻市でも宮城県でも屈指の高額納税者だった精神科医は、精神科医だった配偶者が精神を病んだことをきっかけに、やはり精神科医だった子と数年前に集団自殺したとか。いちご歯科クリニックよりも1週早く開業した歯科医が精神病院を引き継いでいるようです。

「儲かりまんな❗」

一世代・30年ほど前、学生時代の夏休みに、鹿児島市の自転車屋で買った自転車に乗って仙台・石巻まで、翌年の夏休みに北海道・宗谷岬まで旅をしました。

その自転車は、配偶者になった輩にスクラップの機械にかけたようにぐちゃぐちゃにされました。なぜそのようなことをしたのか聞いても、ぼーっとした顔をするだけで答えませんでした。

父親ががんで大学病院に入院・手術していた時に、仙台市青葉区の北のハズレから「何度も自転車に乗って見舞いに行った」と言っていましたが、実際には自転車に乗れませんでした。

いちご歯科クリニック開業直後の20年ほど前に、嫌がらせのように、その輩が実家に私の家族を拉致軟禁して私に裁判を起こしましたが、私の言うことは支離滅裂だと一蹴されました。

裁判官も弁護士も論外なので、本人に書簡を送ったら、突然裁判を取り下げました。

10年以上前に、前述の精神科医の親戚で私と同じ裁判騒ぎに巻き込まれた人が、「どのように解決したんでしたっけ」と、訪ねてきました。

10年前に、「解決したと言うか......」と、また訪ねてきました。3.11で津波被災した仙台市沿岸部の実家へ、津波に飲み込まれるように車で向かったのだそうです。

この20年ほどで同様の裁判は全国で100件あっても不思議ではないのですが、いずれも頭がおかしい配偶者が勝って、まともな人が負けている不条理がまかり通っているわけです。

法律・制度の誤りを正そうとせずにおかしなまま放置している放置国家。

日本の裁判官や弁護士は皆、頭がおかしいので一切相手にしない❗

日本国は、頭がおかしい奴らが仕切っている狂治国家です。

この国の法律・制度には、もう従わない。

古傷に蝕まれて、立ち直れないかもしれません。

皆様は、良いお年をお迎えください。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
https://www.ichigo-dc.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/5590

Powered by
本サイトにて表現されるものすべての著作権は、当クリニックが保有もしくは管理しております。本サイトに接続した方は、著作権法で定める非営利目的で使用する場合に限り、当クリニックの著作権表示を付すことを条件に、これを複製することができます。

いちご歯科クリニック 院長 廣田和好 いちご歯科クリニック
http://www.ichigo-dc.jp/
院長 廣田和好

【経歴】
1967年
宮城県石巻市生まれ
開北小、住吉中、石巻高、東北大学歯学部卒

1999年4月
いちご歯科クリニック開院

2002年4月 自由診療に移行

2004年1月 保険診療再開

ポータブルユニット(持ち運びができる歯科治療器械)を導入し、要介護者の歯科訪問診療にも取り組んでいる。